沖縄県立美咲特別支援学校

インフルエンザについて

| コメント(0)

※幼児児童生徒がインフルエンザにかかった疑いやかかった場合

(1) 早期の適切な医療受診と家庭での十分な休養

(2) 登校開始にあたっては、これまでの治療証明の提出に換え、
   別紙「インフルエンザ診断書(体温経過表)」の提出

(3) 登校前に咳や発熱など、インフルエンザ様症状を認める場合は、スクールバスの利用を控える

※インフルエンザについて

  インフルエンザは学校感染症の一つであり、他の幼児児童生徒への感染防止のため、罹患すると出席停止となります。また、インフルエンザの出席停止の期間は、学校保健安全施行規則第19条第2項に、発症した後5日を経過しかつ解熱後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで(改正後)と定められています。

(例1)
  発熱した(0日目)。翌日受診(1日目)し、インフルエンザの診断を受ける。処方薬服用の翌日(2日目)解熱した。その後も熱が上がらない。
  ⇒5日目までは休み。発症から6日目より登校可。

(例2)
  発熱した(0日目)。翌日受診(1日目)し、インフルエンザの診断を受ける。処方薬内服したがなかなか解熱せず、4日目にようやく解熱した。その後も熱は上がらない。
  ⇒発症後5日経過、かつ解熱後2日を満たす。発症から7日目(幼児は8日目)より登校可。

(例3)
  発熱した(0日目)。翌日受診(1日目)し、インフルエンザの診断を受ける。処方薬内服したがなかなか解熱せず、5日目にようやく解熱した。その後も熱は上がらない。
 ⇒発症後5日経過している。解熱後2日を満たす。発祥から8日目(幼児は9日目)より登校可。

別紙 「インフルエンザ診断書(体温経過表)」⇒印刷し、記入して提出

コメントする